ソフトボール部

Soft Ball Club.

テキストサイズ 小 |中 |大 |

soft ball club updated 2018-05-16

※当HP上、全ての画像の無断使用及び転載は固くお断りさせて頂きます。

ようこそ!矢板中央ソフトボール部へ

<平成30年度 関東大会栃木県予選の結果について>

 関東大会栃木県予選が5月12日土曜日から宇都宮市柳田緑地公園にて開催され、本校ソフトボール部は1回戦から登場。初戦の真岡女子高校戦は中盤に打線がつながって9対0、2回戦は小山城南高校に初回から得点を積み重ね13対0で連続無失点勝利すると、準決勝では昨秋の新人戦を制し全国選抜大会出場校である第1シード文星女子高校と激突。
 両校チャンスがありながらなかなか得点出来ず0対0で迎えた6回表の本校の攻撃で、先頭打者が2塁打で出塁すると送りバントで送り、1死3塁からセンター前タイムリーで先制。その裏すぐさま同点とされ、1対1のまま試合は無死2塁からスタートする延長タイブレーカーに突入。
 8回表の本校の攻撃は送りバント等で1死2、3塁とし、センター前タイムリーで勝ち越し。なおも1死1、3塁と追加点のチャンスの場面で2点差にはさせまいと相手の投手力と集中した守備力の前にどうしてもあと1本が出ず凡退し、1点止まり。2点差にできなかったことが試合巧者である相手校に勢いを与えてしまい、8回裏に意表を突くプッシュバントが内野手の間を抜くヒットで同点とされると、さらに連打を浴びて逆転サヨナラで2対3と惜しくも敗れ、3年ぶりの関東大会出場を目前で逃してしまいました。
 
 しかし、第3位となりインターハイ予選のシード権を獲得することができました。
 
 次のインターハイ予選に向けて連戦でも途切れないよう守備の集中力をさらに高め、1点の重みを大切にできるしぶとい守りから攻撃につなげられるように部員全員が心を一つに結束させ、全国大会出場を目指し精一杯無欲で戦ってまいりたいと思いますので、皆様方の温かいご声援をどうぞよろしくお願いいたします!